ドアの猫穴

日々思うこと・感想文・気軽に出来るボランティア情報とか書きます。

『ぶっカフェ!』キャラを描きました。

f:id:nekoana:20190623022213p:plain



ツイ4で連載中の漫画『ぶっカフェ!』のキャラを描きました。

読んでると、心がふんわりとぬくもるコメディです。仏教のフトコロの深さも感じます。

詳しいネタバレは伏せますが 最近の連載では 恋愛、育児についても仏教の視点から 「やわらかい絵とことばで、するどく諭す」ような内容で、素晴らしくて、また今までにない独自の世界の漫画だなあ~と思います。ラブコメ苦手な私が読んでるので...

いつでもどこからでも読めるので ぜひ。(コミックスには書き下ろしもあります)

sai-zen-sen.jp

まだまだ真田丸、と、『いだてん』の話。

大河ドラマ真田丸』の 大坂牢人五人衆(真田幸村後藤又兵衛明石全登毛利勝永長宗我部盛親)と若武者(木村重成) を描きました。(twitterヘッダー用に)

f:id:nekoana:20190617141503j:plain

 

ところで ちょっと前にも触れた 現行の大河ドラマ『いだてん』が べらぼうにおもしろいです。どうも視聴率はふるわないそうなのですが そんなのはどうでも良いほどに面白い。

続きを読む

無題

先日の大雨にもろに降られて カバンの中も濡れてしまい 音楽プレイヤー(ウォークマン)が壊れてしまいました...。ションボリ

 

nekoana.hatenablog.com

 

nekoana.hatenablog.com

 

花はキレイだけど好きじゃないとか 猫はかわいいけど 殺してしまいそうで怖いから一緒に暮らせないとか
しょうもない 理屈っぽいことを申しておりますが

 

f:id:nekoana:20190531173218j:plain

 

要は自分は 植物や動物に 嫉妬している と思いました。

所属する種すら違うものに「嫉妬」というのもおかしなことですが。どうしても「嫉妬」意外に言葉が見つからないので。

花は生きてる。犬や猫も みんなみんな 生まれたからには 生きている。

一生懸命かどうかは、言葉が通じないからわからないけど 生れ落ちた環境の範囲で 文句も言わず 疑問を抱かず いのちをまっとうしようとしている。

「○○ができなきゃ、生きている資格がない」「私は屑なので死んだほうがいい」と卑下したり そもそも「なんで生きてるんだろう」とか 考えないで生きられる。

人間は 個体差がたくさんあって「生きる」について 自意識の悩みがない人、あるけれど『そんなのに思い煩ってるのは無駄』と、切り替えて脇において 目の前のことをこなしている人、のほうが 多数だろうな、と思います。

「自分は 何でこんなことばかり考えてるんだろう、答えなんかないのに 考え続けちゃうんだろう」という私は

ただ咲くだけで「美しい」と思わせてくれる花や、食べて寝て生きてるだけ「でかわいい」と思わせてくれる動物を見ていると

「うらやましいな」「ただ『生きてる』ものになりたいな」

という気持ちを 掻きたてられるのです。

「かわいさ」について。

f:id:nekoana:20190602070153j:plain

ミケコさん ←飼い主のおばあさんとお嫁さん? がそう呼んでいる猫

ご近所で飼っている猫や犬を撫でさせてもらったり 写真を撮ったりしています。かわいいな、と思います。

でも自分の家で、人間以外の生き物と暮らしたいという気持ちは起きません。娘にねだられても、断っています。今のところ。

 

かわいいものとは つまるところ「私より、よわいもの」です。

続きを読む

人生は消去法

ご飯を食べるときに、嫌いなものから食べるか、好物から食べるか? というので性格がわかる、と言います。

私は 嫌いなものから先に食べる派です。

生きていくうえで、女に生まれて「二大めんどうごと」と思っていたことが「結婚」と「出産/育児」でした。私にとっての「嫌いな食べ物」です。

このふたつを、早いところ済まさないと ずっと周囲から「まだ?」と言われることなのだろうな。と 十代の頃から意識していました。

しないならしないで 「しない理由」を 説明できる形で持たないといけないのも「めんどうだな」と思っていました。とても、面倒くさがりなんです。

「結婚はまだ?」と言われたくないから 「さきまわりして」 早くに「この人なら食べていくのに困らないだろう」と思う人を意識して恋愛し、非常に打算的な目で彼なら、と思い 結婚しました。

「子どもはまだ?」と言われたくないから 避妊をせず、子どもを産みました。

 

めんどうなものは、済ませておいたほうがいい。

嫌いなものは、先に済ましておいたほうがいい。

元気で、食べられるうちに。まだ若い、体力と気力があるうちに。

 

私はいつも「こうなりたい」より「こうなりたくない」「こう言われたくない」と思って 人生で(比較的)大切と思われる重大な選択を、してきました。

そんな 消極的な選択をしてきたにも関わらず 結婚した相手は 私を好きだといい、生まれてきた子どもたちも 私を好きだと言います。

それを私はまるで他人事みたいに「へえ、そうなんだ、好きなんだ。おもしろいなあ」と眺めています。

f:id:nekoana:20190610144917p:plain

たくさん撮ったので アプリでコラージュにしてみたバラ