ドアの猫穴

日々思うこと・感想文・気軽に出来るボランティア情報とか書きます。

「私、絵がうまいな~!」という人にすごく励まされてる。

麒麟がくるが面白かったので、色々また描き始めた というのは前に記事にしたのですが、もうひとつ良いキッカケがあって。

「私めちゃくちゃ絵が上手いな!」って自分を褒める、イラストを描かれてるtwitterの相互フォロワーさんがいらっしゃって、その人にコッソリ励まされてるのです。

特定の相手に聞かせるでもなく「私すごーい!」って。「今日のランチ美味しくて当たりだった、しあわせ!」くらいのカジュアルさで。

影響を受けて「ああ、私もこんなふうに自分を褒めていこう!」と。口に出して言わないですけどマネをして「私、絵うめぇ~! 特にここが素晴らしい!!」と思いながら描くようにしました。

そしたらどんどん楽しくなってきました。こりゃイイこと教わった!! と。 

 

f:id:nekoana:20210707023104p:plain

公開されてないだけなんですよ、仲良しで和やかなオフショットがあったはずなんですよ…(青天を衝けオフショがうらやましすぎて幻覚を見始めた)

 

どうしてもこの、日本に生まれ育ちますと。

謙遜すること、わきまえること…というとキレイな言い方だけど要するに「『出る杭』にならないように・良くも悪くも、目立たないように」ということを意識させられるでしょう、子どもの頃から。

ウッカリ「俺スゲー!」「私すごい!」なんて言うと「調子乗るな」って、陰で言われるんじゃないかって怯えたり。

「私なんてマダマダです、たいしたことないです」って、先回りして自分を低くしてしまったりするじゃないっすか。

今の私の気持ちとしていちばん正直なのは「そういうこと言ってる場合じゃない」「謙遜してる時間がもったいねえ」なんですよね...。

この情勢下で生きてるだけで、けっこうみんな「たいしたものだ」と、自分を褒めていい!! と思うんですよ。

ましてや何か書いたり描いたりしてるの、素晴らしいじゃないですか!!

 

天才! かっこいい!! あなたも私も!!

 

陰口、言いたい奴には言わせておけ!!

 今日を生き延びるために私はなんか描くぜ~!!

 

そのフォロワーさんのお陰で、とても楽しいです、ありがとうございます!

 

この気持ちを分かち合いたかったので、書きました。